Nissy's Blog

気になる芸能や健康などの情報や食べ歩きグルメ情報などをお届けします。

*

小雪の二人目の子供は韓国籍で長男と同じ学年!?トラブルがあったってホント?

   

Pocket

小雪 二人目 子供 韓国籍 長男 同じ学年 トラブル

モデルで女優の小雪さん。

小雪さんの旦那さんは俳優の松山ケンイチさんです。

二人の間には三人の子供がいます。

子供について、一人目と二人目の子供が同じ学年という噂があるそうです。

また、子供を韓国で出産したことも有名なようで、なにやらトラブルになったとか。。。

今回は、小雪さんの子供について調べてみました!

スポンサーリンク
 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


スポンサーリンク

小雪さんと松山ケンイチさんについて

小雪さんと松山ケンイチさんは年の差があって、小雪さんが8歳上の姉さん女房になります。

松山ケンイチさんのかなり強いアプローチで、結婚されたそうです。

結婚された時の年齢は、小雪さんが34歳で、松山ケンイチさんが26歳でした。

小雪さんは松山ケンイチさんから初めてプロポーズを受けたときに、「あなたに私の旦那が務まるの?」と言ったそうです。

小雪さん、かなり強いですね…。

松山ケンイチさんは、かなり頑張って旦那の座を勝ち取ったのでしょうね。

 

子供が同じ学年にいる?

二人のあいだに出来た子供は三人で、一人目の子供は松山ケンイチさん立会いもと、2012年1月5日に男の子を出産しました。

二人目は、韓国で2013年1月10日に女の子を出産しました。

そして三人目は、2015年7月8日に、男の子を出産しています。

三人を産んだ時期をあらためて見てみると、あっという間に出産したのですね。

一人目を出産してすぐ妊娠したので、「二人目の子供も同じ学年なのでは?」と噂されたそうですが、出産した日を見ると、学年は別のようですね。

それにしても、小雪さんは三人の子供を出産してあのスタイルをキープしているので、体重管理などかなり気を使っていそうですね。

ということは、子供たちの体重管理もしっかりとしているのでしょうね。

遺伝的に体重がスゴイことになる、という要素はあまりないかと思いますが。

 

二人目の子供を韓国で出産した理由とは?

小雪さんは、なぜ二人目の出産を韓国でしたのでしょうか?

その理由は、産後院という産後ケアをしてくれる施設があることを、『アナザースカイ』に出演したときに知って、そこで出産したいと思ったからだそうです。

しかも、「韓国のそのシステムを日本でも普及できないか」という思いもあったそうで、韓国での出産を決意されたそうです。

自分自身で経験してみて日本にも広めたいと思ってるなんて、考えることがなかなか違いますね。

子供の国籍についてですが、小雪さん自身も二人目の子供も、韓国国籍ではないようです。

これは、韓国自体が血統主義であることから、小雪さんの子供も韓国の国籍にはならなかった、ということですね。

 

韓国でトラブルがあったってホント?

二人目の子供を出産したのは、韓国のセレブご用達の産後院になります。

当初は、出産した産後院とは違うところで出産する予定だったのですが、小雪さんは「自分は芸能人だから」と特別待遇を期待していましたが、その特別待遇がないということに不満だったようで、出産場所を変えたそうです。

その時の小雪さんの態度が良くなかったと、韓国メディアが公表しているんです。

小雪さんにそんなトラブルがあったなんて驚きですね。

小雪さんはおしとやかな雰囲気がありますが、結構自己主張の強いタイプなのかもしれませんね。

 

小雪の子供がかわいくない?

小雪さんの子供が「かわいくない」という噂もあるようですが、それを確認できるような子供の写真はないので、本当かどうかはわかりません。

「勝手な憶測?」かと思ったら、小雪さん自身が一人目の子供について「かわいくない」と発言していたようです。

母親が子供のことを「かわいくない」と言って良いのだろうか・・・

将来、子供がそのことを知ったら、ちょっとショックを受けますよね・・・

子育てで疲れていたのかもしれませんが、小雪さんの残念な情報でした。

 

さいごに

小雪さんの子供は、年子で同じ学年ではないことが分かりました。

二人目の子供の出産については、韓国でちょっとトラブルになっていたようですが、小雪さんと同じ日本国籍で無事に出産しました。

現在、三人の子供を育てている小雪さんですが、変わらないスタイルで活躍されています。

今後、四人目の子供を産んだりするのでしょうかね。

女優としても、母としても頑張っていってほしいですね!

 

今回はここまでになります。最後まで読んでくれてありがとうございます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 - モデル, 女優