Nissy's Blog

気になる芸能や健康などの情報や食べ歩きグルメ情報などをお届けします。

*

森保一は若い頃イケメンだった!?人柄やプレースタイル・経歴・戦術はどうなの?

   

Pocket

森保一 日本代表 監督 若い頃 イケメン 読み方 経歴 人柄 プレースタイル 戦術

出典:https://www.hochi.co.jp

W杯終了後に西野朗監督の退任が決まり、次期監督を巡ってさまざまな憶測がされています。

そんな中で次期監督最有力候補に挙げられている人物が、現在のU-23サッカー日本代表監督でもある森保一さんになります!

今回はそんな森保一さんに注目し、その人物像をまとめていきたいと思います!

Sponsored Links

 

森保一とはどんな人?

まずは森保一さんのプロフィールと経歴を紹介します!

名前:森保 一(もりやす はじめ)
生年月日:1968年8月23日(49歳)
出身地:長崎県長崎市
ポジション:MF/DF
在籍:U-23サッカー日本代表監督

癖のある苗字”森保”は、“もりやす”という読み方になります。

“森 保一”と間違えられることが多かったため、“ポイチ”という愛称で呼ばれたりもしていました

そんな森保一さんは、小学5年生の時にサッカーを始めたのだそうです。

中学・高校とサッカーを続け、1987年に自動車会社のマツダのサッカーチームに入団します。

当初は最下位の評価を受けていたものの、当時の監督であったハンス・オフトに実力を見出され、1992年には初の日本代表に選出されます!

当時は無名選手だった森保一さんですが、“いいボランチがいる”との評価を受け、脚光を浴びるようになりました。

 

クラブチームでは、

  • 1987年~1992年:マツダ
  • 1992年~2001年:サンフレッチェ広島
  • 1998年:京都パープルサンガ(レンタル移籍)
  • 2002年~2003年:ベガルタ仙台

でのプレー経歴を残しています。

 

2004年1月に現役引退を表明した後は、コーチ業に専念!

2012年~2017年の間にはサンフレッチェ広島の監督として、3度のJ1優勝を導きました!

そして2017年には”東京オリンピック2020″を目指す五輪代表監督に就任し、現在はU-23の日本代表監督として活動しています。

これからの日本サッカーを導く期待されている人というのがわかりますね!

 

森保一の若い頃がイケメン過ぎる!?人柄も気になる!

そんな森保一さん、若い頃はイケメン選手として評価されていたそうです。

早速、若い頃の森保さんの画像や動画を集めてみました!

出典:http://www.chugoku-np.co.jp

 

出典:https://www.so-net.ne.jp

 

確かにカッコいいですね!

言動も含めてかっこ良さを感じます!

 

そんな森保一さんは、その人柄も高く評価されています。

現役時代は“リーダーといえば森保”と言われるほど、信頼の厚い選手でした。

指導者となってからもその人柄の良さは健在で、コミュニケーション能力も高く、選手のモチベーションを上げるのが上手い人物だとの評価を受けています。

プロフェッショナルで無駄がない“との評価もあり、本当に指導者に向いていますね。

サッカー協会の関係者とも良好な関係を築いているみたいなので、だからこそ、次期監督の最有力候補となっているのでしょうね!

 

森保一監督のプレースタイルや監督としての戦術とは!

現役時代の森保一さんのプレースタイルは、“守備的ミッドフィルダーとして中盤の底で守備を最優先する”というものでした。

相手ボールを奪い攻撃の芽を摘むこと、攻撃を手間取らせることに長けていました。

ちなみに“ボランチ”というこのスタイルを日本に定着させるきっかけとなった選手が、森保一さんなんです!

 

監督としての戦術にも森保一さん自身のプレースタイルがあらわれていて、守りをしっかりと固めカウンターで点を取りにいく守備的な戦術を多く使っています。

この戦術で広島をJ1優勝に導いたと言っても過言ではありません。

ただこの戦術に固執し過ぎて、広島の成績を次第に落としていった経験もあります。

最近のU-23大会での成績もあまり良いものとは言えません…

今後は、この戦術を上手く修正していくことも課題となりそうですね。

 

五輪代表監督に任命されたときには、“目指すところは当然、メダルの獲得”“世界に「日本サッカー」の名を轟かせたい”とコメントしています。

日本サッカーの未来にむけて、森保一さんの監督力に期待したいですね!

 

まとめ

1.森保一(もりやす はじめ)は五輪代表監督であり、現在のU-23の日本代表監督

2.若い頃の姿は言動も含めてイケメンさを感じる

3.人柄は良いと評判で指導者向きとも言える

4.“守備的ミッドフィルダーとして守備を最優先する”のが現役時代のプレースタイル

5.戦術にもプレースタイルが影響していて、守備を固めカウンターで点を取る戦術が多い

 

今回はサッカー日本代表の次期監督最有力候補、森保一さんについてまとめてみました。

今後の日本サッカー界からも目が離せませんね!

 

今回はここまでになります。最後まで読んでくれてありがとうございます。

Sponsored Links
Sponsored Links

 - スポーツ